街金融資 初心者 申し込み



































プロミス



スマホ・webで24時間申込可能


来店不要・最短即日融資





プロミス 詳細はこちら
モビット

スマホで24時間キャッシング


申込から借入までweb完結





モビット 詳細はこちら
アイフル



スマホで24時間キャッシング


申込から借入までweb完結




アイフル 詳細はこちら


































プロミス

プロミスとは、SMBCコンシューマー・ファイナンス株式会社が運営している消費者金融会社です。プロミスではキャッシングに加えて、貸金業法に基づくおまとめローン、自営者カードローン、目的ローンの4つの商品が展開されています。メイン商品であるフリーキャッシングは、18?69歳までの安定した収入がある方が対象です。会社員はもちろんのこと、アルバイトやパートの方でも利用できる可能性があります。

プロミスはサービス内容が豊富なのが特徴です。プロミスの審査は最短即日融資が可能となっています。即日融資を利用したい場合は、Web・アプリや自動契約機で申し込むのがおすすめです。ただし、審査内容や時期によっては時間がかかる場合があるので注意してください。30日間無利息で利用できるサービスもあります。プロミスで初回契約した方に限り、借入日の翌日から30日間までなら無利息でキャッシングを利用できるのです。

わずか10秒後に指定の口座へお金が振り込まれる瞬フリというサービスも展開されています。Webの会員ページから振込依頼すると、24時間365日いつでも最短30秒で希望金額を振り込んでくれる便利なサービスです。利用できる金融機関が決まっているものの、全国約200の金融機関で手続きできるので問題ないでしょう。なお、手続きした時間帯によっては、翌日振込になるケースもあるので注意が必要です。貯めるとお得なポイントサービスも用意されています。ポイントを貯めると、提携ATM手数料が無料になったり、ポイント数に応じて一定期間無利息になるサービスを受けられます。

プロミスを利用する際は、Web・アプリ、来店または電話という3つの申込方法があります。手続きの際は、運転免許証や健康保険証、パスポート、マイナンバーカード、在留カードなどの本人確認書類が必要です。Web・アプリを利用する場合は、まず申込フォームに氏名や住所、借入希望額などを記入してください。次に運転免許証などで本人確認が行われます。申込後に届いたメール内のURLにアクセスし、申込時に入力したパスワードを使ってログインします。

アプリを使って、顔と運転免許証の写真を撮って提出しましょう。プロミス側から依頼があれば、収入証明書類の提出が必要になる場合もあります。キャッシングの審査結果はメールまたは電話で届きます。Web上で契約手続きが完了すれば、すぐに借入が可能になります。なお、審査が完了した後に店舗に来店して、カードを発行してもらってから借入することも可能です。






プロミス 詳細はこちら



プロミスレディース 詳細はこちら







モビット

モビットの正式名称はSMBCモビットと言い、運営会社はSMBC(三井住友銀行)グループの株式会社SMBCモビットです。カードローンのキャッシングサービスを展開しています。最短即日融資が可能なので、急ぎのお金が必要になったときに便利です。SMBCグループであるのに加え、健康経営優良法人2022(大規模法人部門)にも認定されているので安心してお金を借りることができます。全国の提携ATMやローソン銀行ATMで24時間対応しており、時間を気にせず申込・借入・返済が可能です。返済すると利息分200円に対して1ポイントのTポイントが付与され、返済にも1ポイント1円としてTポイントが利用できるのもモビットの特徴です。会員専用のネットサービス「Myモビ」を利用すると、利用状況の照会や借入・返済の相談などができます。

住友銀行か三菱UFJ銀行、みずほ銀行またはゆうちょ銀行に口座がある人と、社会保険証か組合保険証のある人は手続きがweb申込で完結します。ネットで口座に入金され銀行のカードで出金ができるので最短即日融資が可能ですが、入金のタイミングは金融機関によって異なります。本人確認の電話や、契約書類の郵送などはありません。カード申込をした場合は、モビットカードは、ゆうパックで指定のコンビニなどに届きます。最寄りのローン契約機でも受け取れます。モビットアプリをスマホにインストールすれば、モビットカードなしで24時間取り引きが可能です。セブン銀行・ローソン銀行のATMもカードなしで利用できます。

モビットを利用するには、まずWebの簡易審査を受けましょう。必要事項を入力すると、審査結果が10秒で表示されます。本審査の結果はメールか電話で、最短30分で確認できます。そのままネットか電話で契約でき、契約後は提携ATMか振り込み融資を利用できます。もっとスピードアップしたい場合はネット申込後にコールセンターに電話すると、すぐに審査が始まり手続き完了後最短3分で口座にお金が振り込まれます。借り入れの申込資格は20歳から69歳の安定した定期収入のある人で、アルバイトや派遣社員、自営業でも可能です。運転免許証か、健康保険証などの書類が必要です。入会金や年会費はかかりません。

借入方法は振込キャッシングと、連携ATMでのキャッシングがあります。返済は口座振替・提携ATM・インターネット返済などが選べます。金利は実質年率3%から18%です。利息は日割り計算になります。たとえば、10万円を18%の金利で30日間借りたときの利息は1,479円になります。





モビット 詳細はこちら







アイフル

アイフルとは、カードローン、キャッシングローンのほか、事業サポートを請け負っている消費者金融です。正式名称は「アイフル株式会社」です。アイフルは1967年に創業、1978年に設立されました。1978年当時の社名は「株式会社丸高」であり、1982年からアイフル株式会社を名乗り始めます。2020〜2021年の消費者金融の営業収益ランキングでは、アコム、三井住友FGに次いで、3位となりました。テレビCMやWeb広告も有名であり、日本でもっとも有名な消費者金融のひとつだといえます。20〜69歳で安定した収入のある人なら、誰でも申込可能です。

アイフルのサービスの特徴は、「最短即日融資」です。Web申込なら、審査は最短25分で完了し即日融資を受けられます。さらに、初めての利用なら30日間は利息0円です。融資を受けても、30日以内に完済すれば利息が発生しません。そのほか、振り込み手続きには、24時間365日対応がなされます。土日祝日も関係がないので、すぐにでもお金が必要な人には向いているサービスだといえるでしょう。ただし、指定の金融機関の受付時間外なら、翌営業日以降に振り込みは持ち越しとなります。

アイフルの申込方法は「Web」「スマホアプリ」「電話」「無人店舗」「専用窓口」の5種類です。このうち、場所を選ばずに申し込めるのは、「Web」「スマホアプリ」「電話」です。Webとスマホアプリでは、入力フォームに基本情報や収入状況を打ち込んで、審査を待ちます。電話でも流れは変わらないものの、自分で入力をするのではなく、オペレーターに情報を伝える仕組みです。

無人店舗では、係員と電話でやり取りをしながら、必要事項を入力します。専用窓口でも係員を通して、必須事項を埋めていきます。なお、審査に申込むためには本人確認と収入証明の書類が不可欠です。本人確認書類としてアイフルが認めているのは、運転免許証、個人番号カード(表のみ)、住民基本台帳カード、特別永住者証明書、在留カードなど、顔写真付きのものです。あるいは、公共料金領収書や国税・地方税の領収書、納税証明書が必要になることもあります。そのうえで、源泉徴収票や給料明細などの収入証明書も提出しなくてはなりません。

アイフルの審査に通ったら、利用開始となります。審査結果は電話かメールで、申込者の希望に応じて通知されます。自宅や職場への在籍確認は原則的に行われていません。ただ、審査状況によっては電話がかかってくることもあります。契約後の借入方法は振込やアプリ、ATM利用などです。振込やアプリだと、カードがなくても利用可能です。






アイフル 詳細はこちら












街金融資 初心者 申し込み

現在、無職だとキャッシングによる借り入れは難しいといわれていますが、実際はさほど困難ではありません。
ネットを通した仕事などで稼いでいる人は自営業と名乗っていいわけですし、フリーターや自由業とすれば全くの無職ではありません。しかし、今までのキャッシング件数が多かったり、過去の借り入れ金額が一定の範囲を超えている場合、在宅確認に応じなかった場合などは審査に通りませんので、申し込みする前に、新規キャッシングができるかどうかよく考えてください。新たにカードローンを申し込むと、カード会社から勤務先へ電話がかかってくる場合があり、これを在籍確認と言います。

 

 

 

私用電話が携帯でなく会社の電話にかかること自体珍しいので、キャッシングだなと気づく人がいるかもしれません。
気まずいし、それでいて言い訳するのも気がひけます。でも、このような確認の電話を行わずに借り入れできる金融業者も増えています。

 

 

それも、闇金ではなく超大手の会社です。勤務先に知られたくない旨を相談すれば、それ以外の方法(提出書類を増やす)で審査する方法をとってくれます。

 

 

 

すべての会社が同様というわけではないので、先に確認しておくと良いでしょう。あまり知られていませんが、消費者金融のキャッシングは、利用の際に銀行口座の有無は問われません。
店頭で相談、または自動契約機で、他の金融機関に口座がなくても会社独自の審査にパスすればお金を借りて帰ることができます。

 

また、本人確認など少し時間がかかりますが、ネットから申し込むこともできます。
多くの銀行で、個人へのキャッシングを中心とする関連会社を持っていますが、そこでも自行の口座なしで借り入れ可能な会社があります。
カードローンやキャッシングなどでは、延滞だけは避けるようにしなければいけません。延滞利息という割増がついて出費が増えます。多少ならいいやと思うのは間違いで、支払いが何度か遅れると、タチが悪い顧客と見なされ(いわゆるブラックリスト)、キャッシングそのものが利用できなくなってしまいます。

 

 

忙しくても返済できるよう24H営業のコンビニと提携したり、会社側でも利用者の便宜を図っているので、それらを使いこなして返済日に間に合うようにするのがスマートです。延滞の許容範囲はどのくらいかと考えるより、まず、延滞しないことを頭の片隅にしっかりとどめるようにしてください。

 

 

僕は営業の仕事をしていて、カードローンを使うことがあります。

 

だからというわけではないですが、借金することは体裁悪い、みっともないという風潮には賛同しかねます。

 

 

 

借金そのものの存在を隠蔽することにつながる気がするからです。働く女性の低収入は以前から言われていることですが、そういった人が正当な理由があって借りるのですから、陰口を言われたり、本人が後ろ暗く思う必要はまったくないと思います。

 

無責任に借りろ、貸せとは言いませんが、周囲も本人ももっと客観的な目で見つめたほうが良いのではないでしょうか。金融業界としても積極的なイメージアップを図り、こうした人たちに向けた新しいプランを提供していく姿勢が大事だと思います。
それは、今後はこのような人たちが社会のボリュームゾーンになると思うからです。
与り知らぬ所で膨らんでしまった借金を返せず、姉が債務整理をすることになりました。

 

私も話を聞いて驚いたのですが、甘い言葉のメールに、つい返信してしまったことがきっかけで、高額の借金をクレジット会社に返済しなければならなくなったのです。精神的にもろいところのある姉は、処方薬で症状を抑えている状態です。何の問題もないかと思えば、同一人物とは思えないほどの変わりようを見せたりするのです。
姉が頭から信じ込んで借りに来ているので、借りる時に何の問題もなかったのでしょう。巧妙な詐欺被害にあわないよう、日ごろから十分注意を払いたいものですね。キャッシングの利便性を追求して複数の金融業者に常に借り入れ残高がある状態が続くと、期日を忘れそうになったり、思うように元本が減らなくて不自由さを感じることも増えてくるはずです。

 

 

おまとめローンというのを聞いたことがありませんか。
いくつかのローンを新たな1社にまとめることができるので今までの悩みから解放されるでしょう。
審査はあるものの、一本化すれば金利分の負担が増えることは、今後一切なくなるので、返済そのものがラクになってくると思います。
お金を借りるということは、少し前までは相当の覚悟がいる一大事で、やれ担保だ、保証人だと大騒ぎをしたもので、収入証明不要だなんてことはあり得ないほど無謀なことだと誰でも考えるはずですが、聞いたところによると、ほとんどの金融会社において一定の金額未満の借り入れに関して、職場の如何や収入の状況など、何も問われないことが、常態化しており、借金の門戸が広げられてきています。保証人もなしの小額融資とはいえ、上限は数百万円と常識的に考えれば、とてもそうは言えないような金額のようです。

 

このように、結論としては、今「小額の」お金を借りるには、収入に関する如何なる保証もなしで実行されるということですよね。嘘のような本当の話で、救われる人も多いことでしょう。

 

財布の中の不要なカード類を処分していたら、懐かしいクレジットカードが入っていました。

 

新入社員の研修が終わった頃に作ったのが最初の一枚です。
使うというより、キャッシュバックキャンペーンが目当てでした。カードは思っていたより早く届きました。
クレカを作ったのを昼食のときに話したら「それ、お金いくら借りれるの?」と聞かれて確認すると、キャッシング枠があるじゃないですか。最高50万(自分の場合は10万に設定)の現金を、本人確認なしに(カード作るとき確認しているので)、借りることができるのに気づきました。財布の中にはせいぜい2、3万しか入れていなかったので、一気にそれが何倍にもなったようで怖いなと思いました。次の給料日までまだ日数があるけれども、ゲットしたいものがある際は、いつもキャッシングが味方になってくれます。審査の申し込みを会社のパソコンから送っておけば、当日のうちに審査を通過できるのです。そのあとは、勤務先から近い場所のATMで現金を引き出します。

 

 

 

コンビニなら、誰にもバレないので気兼ねなく利用できます。

 

しかも、面倒なことがなく楽ちんです。
お金を借りる選択肢の中に闇金を入れる人は滅多にいないと思いますが、闇金からの融資とは世間的にはどう考えられているのでしょうか。テレビなど、マスコミの影響も多分にあると思いますが、いい印象などこれっぽっちもありません。でも、いつになっても被害の報道が絶えないということは、絶えることのない利用者の存在があることは疑いのない事実です。
一昔前と違い、お金はどんどん貸すものではなくなっていて、利息もずいぶん値上がりし融資の難易度は上がるばかりです。
倒産が相次ぎ、リストラ、失業の嵐が吹き荒れるなど不景気の世の中でもがく人こそが、お金を必要としているのに、そんな人たちだと貸してもらえなくなってしまい、銀行、金融会社、消費者金融、個人の貸金業者と段々に移った挙げ句、行き場を失ってしまいます。ところが、闇金でお金を借りたが最後、如何なる方法をもってしても抜け出すことは出来なくなってしまうでしょう。

 

後悔先に立たず。
そうならないよう、お金の貸し借りには気をつけたいものですね。私は個人事業主として数年前から生計を立てています。安定した収入というよりは、良い時もあれば、そうでないこともよくあります。
アクシデントで、ディスプレイに不備が出てしまったので、パソコンを大至急で用意するために、キャッシングを利用したいと思っています。

 

 

審査についてあまり詳しくないので、未知の領域なのですが、アルバイト、正社員以外でも問題なく利用できるのか気がかりです。キャッシングというとどこも同じように見えるかもしれませんが、やはり銀行系の良さは見逃せません。

 

実質年率が低いので総返済額を抑えることができ、500万円までといった融資枠の大きさは、魅力的ですし、返済時に使えるATMの数が多いので手数料も節約できます。

 

メジャーな銀行が背後にあるため、安心感も絶大ですよね。

 

ひとつだけデメリットを言うと、審査でしょうか。
独自の基準を設けているので内容はわかりませんが、少しでもユーザー寄りな会社を見つけるのが「吉」でしょう。

 

 

 

何か買えば手元に品物が残りますが、お金という形で残るのがキャッシングです。
使ってしまえば残りませんが、生活費や急な付き合いなど、どうしてもお金が必要な場合には、とても便利に使うことができます。しかし、借りて使ってしまえば、あとに残るのは返済義務です。

 

 

 

それも利息をつけて返す必要があり、ときにはストレスを感じることがあるかもしれません。キャッシングは簡単に現金を手にすることができますが、借入金は今後の支出に直結すると肝に銘じて、どんぶり勘定は禁物です。

 

 

必要以上に借りないことと、キャッシングで手にした現金は借金なのだと改めて問いかけなおすことが大切です。お金を借りるのは面倒なものと思いがちですが、最近のカードローンはコンビニの銀行ATMを使えば年中無休で借りることができて、利便性が向上したと思います。

 

コンビニの銀行ATMを使えば、消費者金融の名前が書いてあるわけではないので、周囲にバレる心配もなく、大助かりです。でも、自分の銀行口座と同じ感覚なので、つい頼りがちになってしまうのが難といえば難ですが、借入というのは元々計画的に行うものなので、うまく使いこなすのは本人次第なのではないでしょうか。キャッシングを複数社で利用する際には借入金額の総量規制があるので、各社の利用可能額が合計でいくらになるか確かめて申請することが必要です。
なぜ総量規制を設けているのかというと、キャッシング利用者が多額のお金を返済のあてもないのに借り入れすることを防止するためで、その上限は年収額に応じて決められるので、自分のキャッシング利用額が今いくらなのか確認して判断を行うことが必要になります。家族や親族の急病で、ある程度高額なお金を急に用意しなければいけない。

 

 

なんてことになったらと考えると怖くなります。
すぐにお金を借りられるのはどこかというと、一番可能性が高いのはクレジットカードでしょうか。
窓口と違い人と接することなくお金が借りられる消費者金融の無人店舗もあって助かりますね。怖い顔の人がいるわけではないし、所要時間も人によってはたった5分で、手続きできることが多いようです。もしもの場合を考えて、間違いのない方法を考えておけば、借金を恐れず安心して日々の生活を送れるというものです。借金に慣れていない人が陥りやすい問題をお教えしましょう。

 

 

それほど難しいことではありません。

 

 

 

基本は、自分で見積もった返済可能額は上限を見ずに、下限を見て予定を立てることです。

 

 

 

返しているお金は、いつもの同じお札のはずですが、時々で見た目が変わって見えることがあると言います。返し始めには相手への感謝の気持ちが勝っているため、大した算段なしで返せるもので、このまま返済し続けることが思いのほか簡単なことであるという錯覚に陥りやすいのです。こんなことを言っては何ですが、それはあくまでも錯覚です。何か困ったことが起こって当然なのです。

 

 

 

返済の計画というものは、最初に決めた額をただ機械的に払い続けることしか求めておらず、返す人の状況など考慮の対象外なのです。即座に返済不能になる可能性を低くするべく、再考を重ねて更にワンコイン分ほど落としてください。
以上のような予定で返済を開始すれば、必ず最後まで返すことができるはずです。

 

 

自分自身の利用経験に限った話ではありますが、カードローンを組むにあたって不安の少ないところはどこだったかと言いますと、三井住友カードローンが一番良いと感じています。その理由は大手銀行系だということもありますし、利用しやすいのも嬉しいです。時々、条件が合わなくて望んでいた金額を借りられなかった、なんていう事もあるらしいんですが、私の話で言えば、今まで審査落ちの結果になったことはありません。

 

周りの人に気づかれることなくスマートにキャッシング。
便利ですよね。

 

 

 

ただ、利用すると利用明細書が発行され、登録した自宅に郵送されてきます。

 

 

クレカなら便利だと思いますが、借金は知られたくないですよね。

 

送付先を変えるとか、何か方法がないかと「ローン 明細 送付なし」などの言葉で検索したところ、けっこうフツウにそういう会社が存在することに気づきました。

 

それも、大手銀行系や老舗金融などで。
なかでも短期返済で無利息になるキャンペーンをしていたレイクに決定。

 

申し込みには駅近の自動契約機を使いましたが、ネットでも申し込みできるようです。

 

 

最大の懸案事項であった利用明細書については、申込時にウェブ明細サービスを選べば、自宅に送られてくることはないそうです。おかげでやりくりも楽になりましたし、気持ちも楽になりました。

 

 

いわゆるクレヒスは、キャッシング利用時には必ず確認されます。
これは「クレジットヒストリー」を略したもので、過去に利用したキャッシングの履歴を表しています。

 

 

お金をちゃんと返済していたらあなたのクレヒスも良くなっていくため、次回からキャッシングの審査が通りやすくなります。

 

このためクレヒスの管理はおろそかにできないのです。
クレヒスを傷付ける延滞にはくれぐれも注意して期日通りの返済を心がけてください。新規でカードローンを申し込むなら、すでに他の金融業者からの借り入れがある場合は、気をつけなければいけません。
たとえば返済を遅延して返済方法を変更したりすると、新しいローンの審査には障害になるかもしれません。

 

実際に延滞中でも借りることができた人はいますが、あくまでも業者判断ですし、提出書類が多くなったり、金利面で折り合いがつかないなど微妙な問題点も出てくるでしょう。
口座残高不足による短期の延滞ならともかく、3ヶ月を超える延滞があるときは、新しい借り入れ自体、断られると思って間違いないです。すぐにキャッシングでお金が欲しい人は、運転免許証やパスポートを持ってキャッシング業者の自動契約機で審査を受ければ簡単に借り入れの可否もすぐにわかりますから、突然の出費対策に向いています。

 

 

キャッシングだけでなく、お金を借りるときには調査期間に信用状況を確認し、勤務先に在籍調査をして審査しています。
滞納せずに借りたお金をきちんと返すこと、借り入れ時点で安定した収入を得ているなど、借りたいプランに必要な条件を満たすことが必要です。

 

お金のやりくり、どうしよう?!という際にはキャッシングが役立ちますが、専業主婦では無理な話、と思い、その考えを捨ててしまう人もきっと多いことでしょう。知らない人も多いようですが、専業主婦でも融資を受けられるキャッシングも存在しています。そのようなキャッシング会社の場合、夫の収入が安定していれば、審査をクリアしてキャッシングの利用が可能となります。当日中になんとしてもお金が手元にないと困るけれども、銀行の残高はほぼゼロといった悩みをいつも持っているという人には、当日中にすぐにお金を借りられるキャッシングの利用がお勧めです。大抵のカードローン会社の場合、当日中の融資を受け付けていて、そこで求められる手続きさえ済ませたなら、当日中にお金を借りることも不可能ではありません。貸金業法が改正されたことで、金融機関が設定するキャッシングの金利が従来よりも引き下げられています。

 

改正前に取引し、借り入れしている場合、現行法以上の利息を支払い、過払い金があることもあります。

 

返還請求には時効があります。

 

 

 

つまり、可能性があれば、完済後、返済中を問わず可及的速やかに無料相談などでもいいので、専門家の判断を仰いで、返還のための手続きに取りかかるのがオススメです。月々の支払いなどはほぼ決まったものが多く、予定は立てやすいものですが、人生には予期せぬ出費が付き物であり、そんな時、あなたなら、どこでお金を借りますか。
お手持ちのカードをチェックしてみてください。

 

 

キャッシングが出来るものがあるはずです。

 

思っていたより手続きも簡単で、ネットからワンタッチで、限度額以内であれば、比較的簡単に貸してくれるようで、それを知っているだけでも安心感が違います。いくらお手軽と言っても、当然信用調査は行なわれますし、ゴーサインが出て初めて融資が実行されると言うわけです。
色々な銀行やカード会社での借金が重なっているような人や、延滞というのも問題になってくるので、とりあえずは多少の負債があったとしても毎月きちんと返せていればともかく、返せていないなど人間として基本の借りたものは返すということすら出来ない人はお金を貸すことを検討してくれるかどうかは、考えなくてもわかる問題ですね。
カードローンの申込で意図的にウソを書けば、有印私文書偽造罪といって刑事罰の対象になります(大田区を太田区と書くようなケアレスミスはもちろん対象外)。
もし金融機関での審査中にバレたとしても、会社的には実害発生前なので、通報することはなさそうですが、実害があれば被害届が出されるでしょうし、プロ相手に虚偽が通ることは無茶もいいところです。
通るはずの審査なのに落とされるかもしれないですよ?万が一、審査をくぐり抜けたとしても、判明すれば全額一括返済は確実で、借入停止でまともな会社はどこも利用できなくなってしまうというリスクがあります。はっきり言ってワリに合わないはずです。

 

 

 

ここ7?8年くらいでしょうか。
過払い金請求のCMや広告って以前より多くなったように思います。

 

カードローンやキャッシングの利用経験なら私にもありますが、もう終わっていますし大した額ではないので、弁護士事務所に相談して返金してもらうような金額とは思っていません。
ただ、過払い金というものがあるのかぐらいは知りたいものです。

 

無料相談もあるようなので、気になる人は利用してみると良いでしょう。派遣社員として働いている人の中には、自分を下に見て、お金を借りる時に不安を感じる人もいるかもしれませんね。でも、正規雇用と比べ対応に差が出るかというと、今は差などありません。

 

敷居が高いと感じているカードローンでも、どこの金融会社であっても喜んで相応のお金を融資してくれるので、生活に張りが出ますね。
派遣だからなどと自虐的な見方をされがちだったのが覆されたばかりでなく、あわせてアルバイトの人まで規制が下がり、お金も貸し付けられる場面が多く見られ、断られる件数も減ってきています。

 

アルバイトはいつまでもそのままとは限りません。

 

お金が要る時には、どこかに貸してくれる会社がないか探してみるのもひとつの手ですね。

このページの先頭へ戻る