キャッシング 申込み比較 RT

キャッシング 申込み比較 RT

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロミス

 

 

 

スマホ・webで24時間申込可能

 

 

来店不要・最短即日融資

 

 

 

 

 

プロミス 詳細はこちら

モビット

 

スマホで24時間キャッシング

 

 

申込から借入までweb完結

 

 

 

 

 

モビット 詳細はこちら

アイフル

 

 

 

スマホで24時間キャッシング

 

 

申込から借入までweb完結

 

 

 

 

アイフル 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロミス

プロミスとは、SMBCコンシューマー・ファイナンス株式会社が運営している消費者金融会社です。プロミスではキャッシングに加えて、貸金業法に基づくおまとめローン、自営者カードローン、目的ローンの4つの商品が展開されています。メイン商品であるフリーキャッシングは、18?69歳までの安定した収入がある方が対象です。会社員はもちろんのこと、アルバイトやパートの方でも利用できる可能性があります。

 

プロミスはサービス内容が豊富なのが特徴です。プロミスの審査は最短即日融資が可能となっています。即日融資を利用したい場合は、Web・アプリや自動契約機で申し込むのがおすすめです。ただし、審査内容や時期によっては時間がかかる場合があるので注意してください。30日間無利息で利用できるサービスもあります。プロミスで初回契約した方に限り、借入日の翌日から30日間までなら無利息でキャッシングを利用できるのです。

 

わずか10秒後に指定の口座へお金が振り込まれる瞬フリというサービスも展開されています。Webの会員ページから振込依頼すると、24時間365日いつでも最短30秒で希望金額を振り込んでくれる便利なサービスです。利用できる金融機関が決まっているものの、全国約200の金融機関で手続きできるので問題ないでしょう。なお、手続きした時間帯によっては、翌日振込になるケースもあるので注意が必要です。貯めるとお得なポイントサービスも用意されています。ポイントを貯めると、提携ATM手数料が無料になったり、ポイント数に応じて一定期間無利息になるサービスを受けられます。

 

プロミスを利用する際は、Web・アプリ、来店または電話という3つの申込方法があります。手続きの際は、運転免許証や健康保険証、パスポート、マイナンバーカード、在留カードなどの本人確認書類が必要です。Web・アプリを利用する場合は、まず申込フォームに氏名や住所、借入希望額などを記入してください。次に運転免許証などで本人確認が行われます。申込後に届いたメール内のURLにアクセスし、申込時に入力したパスワードを使ってログインします。

 

アプリを使って、顔と運転免許証の写真を撮って提出しましょう。プロミス側から依頼があれば、収入証明書類の提出が必要になる場合もあります。キャッシングの審査結果はメールまたは電話で届きます。Web上で契約手続きが完了すれば、すぐに借入が可能になります。なお、審査が完了した後に店舗に来店して、カードを発行してもらってから借入することも可能です。

 

 

 

 

 

 

プロミス 詳細はこちら

 

 

 

 

プロミスレディース 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

モビット

モビットの正式名称はSMBCモビットと言い、運営会社はSMBC(三井住友銀行)グループの株式会社SMBCモビットです。カードローンのキャッシングサービスを展開しています。最短即日融資が可能なので、急ぎのお金が必要になったときに便利です。SMBCグループであるのに加え、健康経営優良法人2022(大規模法人部門)にも認定されているので安心してお金を借りることができます。全国の提携ATMやローソン銀行ATMで24時間対応しており、時間を気にせず申込・借入・返済が可能です。返済すると利息分200円に対して1ポイントのTポイントが付与され、返済にも1ポイント1円としてTポイントが利用できるのもモビットの特徴です。会員専用のネットサービス「Myモビ」を利用すると、利用状況の照会や借入・返済の相談などができます。

 

住友銀行か三菱UFJ銀行、みずほ銀行またはゆうちょ銀行に口座がある人と、社会保険証か組合保険証のある人は手続きがweb申込で完結します。ネットで口座に入金され銀行のカードで出金ができるので最短即日融資が可能ですが、入金のタイミングは金融機関によって異なります。本人確認の電話や、契約書類の郵送などはありません。カード申込をした場合は、モビットカードは、ゆうパックで指定のコンビニなどに届きます。最寄りのローン契約機でも受け取れます。モビットアプリをスマホにインストールすれば、モビットカードなしで24時間取り引きが可能です。セブン銀行・ローソン銀行のATMもカードなしで利用できます。

 

モビットを利用するには、まずWebの簡易審査を受けましょう。必要事項を入力すると、審査結果が10秒で表示されます。本審査の結果はメールか電話で、最短30分で確認できます。そのままネットか電話で契約でき、契約後は提携ATMか振り込み融資を利用できます。もっとスピードアップしたい場合はネット申込後にコールセンターに電話すると、すぐに審査が始まり手続き完了後最短3分で口座にお金が振り込まれます。借り入れの申込資格は20歳から69歳の安定した定期収入のある人で、アルバイトや派遣社員、自営業でも可能です。運転免許証か、健康保険証などの書類が必要です。入会金や年会費はかかりません。

 

借入方法は振込キャッシングと、連携ATMでのキャッシングがあります。返済は口座振替・提携ATM・インターネット返済などが選べます。金利は実質年率3%から18%です。利息は日割り計算になります。たとえば、10万円を18%の金利で30日間借りたときの利息は1,479円になります。

 

 

 

 

 

モビット 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

アイフル

アイフルとは、カードローン、キャッシングローンのほか、事業サポートを請け負っている消費者金融です。正式名称は「アイフル株式会社」です。アイフルは1967年に創業、1978年に設立されました。1978年当時の社名は「株式会社丸高」であり、1982年からアイフル株式会社を名乗り始めます。2020〜2021年の消費者金融の営業収益ランキングでは、アコム、三井住友FGに次いで、3位となりました。テレビCMやWeb広告も有名であり、日本でもっとも有名な消費者金融のひとつだといえます。20〜69歳で安定した収入のある人なら、誰でも申込可能です。

 

アイフルのサービスの特徴は、「最短即日融資」です。Web申込なら、審査は最短25分で完了し即日融資を受けられます。さらに、初めての利用なら30日間は利息0円です。融資を受けても、30日以内に完済すれば利息が発生しません。そのほか、振り込み手続きには、24時間365日対応がなされます。土日祝日も関係がないので、すぐにでもお金が必要な人には向いているサービスだといえるでしょう。ただし、指定の金融機関の受付時間外なら、翌営業日以降に振り込みは持ち越しとなります。

 

アイフルの申込方法は「Web」「スマホアプリ」「電話」「無人店舗」「専用窓口」の5種類です。このうち、場所を選ばずに申し込めるのは、「Web」「スマホアプリ」「電話」です。Webとスマホアプリでは、入力フォームに基本情報や収入状況を打ち込んで、審査を待ちます。電話でも流れは変わらないものの、自分で入力をするのではなく、オペレーターに情報を伝える仕組みです。

 

無人店舗では、係員と電話でやり取りをしながら、必要事項を入力します。専用窓口でも係員を通して、必須事項を埋めていきます。なお、審査に申込むためには本人確認と収入証明の書類が不可欠です。本人確認書類としてアイフルが認めているのは、運転免許証、個人番号カード(表のみ)、住民基本台帳カード、特別永住者証明書、在留カードなど、顔写真付きのものです。あるいは、公共料金領収書や国税・地方税の領収書、納税証明書が必要になることもあります。そのうえで、源泉徴収票や給料明細などの収入証明書も提出しなくてはなりません。

 

アイフルの審査に通ったら、利用開始となります。審査結果は電話かメールで、申込者の希望に応じて通知されます。自宅や職場への在籍確認は原則的に行われていません。ただ、審査状況によっては電話がかかってくることもあります。契約後の借入方法は振込やアプリ、ATM利用などです。振込やアプリだと、カードがなくても利用可能です。

 

 

 

 

 

 

アイフル 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャッシングコラム

最近は時代が変わったなと思います。キャッシングといってもスマホでポチッと申し込むと即日で銀行に振り込まれ、本当にスムーズかつスピーディーにお金が借りられるようになっています。
便利すぎるツールを上手に使いこなせるかどうかは、使う人間の自制心や、金銭のバランス感覚が不可欠でしょう。

 

でないと便利すぎて自滅なんてことにもなりかねません。

 

銀行などの対面方式ならこちらの考えが漠然としていても向こうで整理してくれますから、欠点の少ないプランが立てられそうですが、非対面方式で同じことができるのかはわからないですよね。

 

いろいろ迷うのであれば、対面での契約は利点があるかもしれません。
キャッシングの際に大事になる「クレヒス」。聞き慣れないこの用語、実は「クレジットヒストリー」の略で、自分が過去にキャッシングを利用した履歴のことです。

 

 

キャッシングの利用後、支払いをきちんと済ませることができればクレヒスが優良になるため、これからのキャッシングの査定にも有利に働きます。
こうした要因からクレヒスというものは重要性を持っているのです。

 

延滞しないよう、細心の注意を払って期日以内にちゃんと返済するようにしましょう。

 

 

 

少額でもキャッシングを使っている人は現在の金利をきちんと把握しておきましょう。それだけでなく、今後、利用する可能性がある会社の金利も常に気にしておいてください。
低金利の会社を見つけられたら、すぐ動きましょう。そちらに借り換えし、毎月の支払い額を減らすようにしてください。ほんの少しの金利差でも、1年以上の期間で見ればその金額の違いがわかるでしょう。最近のキャッシング利用者の返済動向を見ていると、一括・分割・リボの中で、リボルビング払を選択する人が少なくありません。総返済額は一括返済より増えますが、なんといっても月々の返済額が一定なので、家計に大きな影響を与えることなく払い続けることができます。
返済中に再度借り入れした場合にも返済額は不変なので無理のない収支計画がたてやすい点も利用者には好評です。
キャッシングやカードローンの返済が滞ると、程度にもよりますが、最初は電話での「確認とお願い」が来て、いずれカードが使えなくなり、会社から督促の手紙が自宅へと郵送されてくるはずです。払わないまま連絡をしないでいると、期限を過ぎれば債権は別会社の手に渡り、裁判という事態になります。一括で支払いを命じられて、払うゆとりがありますか?延滞による事故履歴がつくと少なくとも数年間は借りることができません。ですから、期日に間に合わないようなら借り入れしていた金融業者に連絡することが大事です。分割払いの回数を増やしたりリボにできるケースもあります。

 

 

キャッシングの返済というものは、たくさん借り入れるほどそれを返済するのに要する期間も長引き、金利も多く支払わなくてはなりません。負担する額を減少させるためにも、もし可能ならば前倒しで返していく繰り上げ返済を利用するのが賢い方法です。返済金額は毎月決められた額となっていますが、決まった額以上を返済していくと、キャッシングの返済期間も長引かず、負担する利息の額も安くできるでしょう。

 

異なる会社間では同じキャッシングといってもいろいろなサービス内容が考えられますので、少しでも得ができるようなところを選んでみるのがおすすめです。例えば、一定の期間内における金利に関してはタダになるというお得なサービスがあります。借りる額によっては結構大きな金額になることも考えられますので、キャッシングをどれにしようか迷った際にはぜひ、注目してみてください。

 

 

一般的に、キャッシングの規制の中で一番メジャーなものは総量規制です。

 

 

これは、借り入れ可能額が年収の3分の1というものです。

 

消費者金融にこの規制は適用されますので、管轄の法律が異なる銀行では、適用されることはありません。数社で借り入れがあるとそれらも含めた借金総額が判定額になります。キャッシングというとカードローンのカードと、クレジットカードのカードが区別できていないことってしばしばあります。

 

 

 

確かにお金を借りるという点では一緒ですが、融資上限額は全然違うのです。

 

クレジットカードは買い物重視のため、キャッシングの額が低めに設定されていて、一方、カードローンは融資を主目的とし、3ケタ万円の限度額が設定されています。数字で比較するとクレジットカードとカードローン、全然違いますよね。

 

社会人になると収入も増えますが、支出も増えるのが実情です。奨学金や無担保のカードローンはもちろん、ショッピングでのクレジットカード払いも借金です。

 

 

 

そして、借入金を返すときには利息分をつけて返すことになります。

 

長期ローンを組むと月々の返済はラクですが、利息負担が大きくなってしまうので、負担を減らすには返済期間短縮がもっとも有効です。もし長期ローンを組んでいるのなら、銀行の利率と比べてみてください。ローンの金利のほうが高いはずです。

 

 

 

貯金するより、ローンの繰上返済をしたほうが経済的です。

 

ただ、学資や一部のローンには無利子のものもあるので、いま一度確認してみてください。

 

お金を借りる方法は数多くありますが、信販会社などのカードローンを利用してお金を用意する場合、どのカードにもあらかじめ借りることの出来る総額が登録されており、無職であれば一家の収入の、職を持っていれば年間の収入の3分の1を超えることは許されない、総量規制のために定められたこの法律により、金融業界の常識ががらりと変わったのです。

 

カードの規制条件は、ローンカードだけのものではなくクレジットカードを含めたものなので、持っているカードが何枚であっても、事情は同じで、全てのカード利用分と、カードを使用しない借入金があればそれも含めて対象の法改正であり、これまで借りられた額が、グンと抑えられたことで生活の見直しが必要になります。

 

例えば、他の数枚のカードで合計50万円借りていて、一度も返済していない場合、年収といっても会社員のように一目瞭然の人ばかりとは限らないので、判る範囲で考えることになりますが、その3分の1引く借入額の公式さえ頭に入っていれば、簡単に把握できることで、ローンやクレジットの知らぬ間の増大を防止する歯止め効果は大きいようです。お金を借り入れる際には書類や口座などさまざまなものが必要と思われていますが、意外と少ないので、驚く人も多いようです。
金融業者ごとに独自のルールがあるかもしれませんが、それでも免許証やパスポートのように写真付きの公的証明書や健康保険証などがあればOKです。顔写真つきの証明書がない場合でも、保険証と公共料金の領収書などで済む場合があります。

 

 

極端に言えば、免許証さえあればお金が借りられるわけですが、楽に借りれて楽に返せるかどうかは、本人次第と言えるでしょう。返済が長期化すると総支払額が増えますし、短くすれば月々苦しいです。

 

でも、それをどう感じるかは性格やライフスタイルで違ってくるはず。現実的な返済プランをきちんと立てる判断力が重要になります。今、カードローンを二つの消費者金融で組んでいます。一方は十万円、もう一方は二十万円で組んであるのですが、今は合わせて二万円を返済費用としています。
問題なのは、どちらの業者も最大利子での貸付ということで、どれだけ返済しても、利子を含めた返済額が少しも減らないのです。情報を集め、他の消費者金融に借り換えようとしましたが、どの消費者金融でも、審査の段階で断られてしまいました。

 

金額的には小さいのですが、無計画のままカードローンに手を出してしまったことで、後悔しています。
カード会社や消費者金融を利用してお金を借りる時はスマホ完結のやり方を見つけるとその日のうちに融資されやすく、時間が限られているシチュエーションでも便利です。iPhoneやアンドロイド携帯を使って申し込むことで得られるメリットはパソコンが使えない状況、例えば移動中の時でも気が向いたときに容易に入力必須項目を送信でき、突然お金が要る事態に遭遇したときにも助けになってくれます。

 

時々、キャッシングはどこがお薦めなのと訊かれることがありますが、銀行系が良いでしょう。
無難で地味な存在に見えますが、魅力が多いのです。他と比べて低い利率や、多いところで800万円もの融資枠があることも銀行系ならではの利点です。資金に余裕のある銀行が後ろ盾になっているので、健全な貸金業務が行われていることが想像できます。

 

 

とはいえ、手堅い経営なりに審査基準もそれなりのものになるので、覚悟して手近で申し込むか、あるいは少しでも基準のゆるいところを狙うのが良いでしょう。

 

 

初めてキャッシングをするときは、利率や手数料も気になりますが、安心感も大事ではないでしょうか。
私は大手の中から選びました。三井住友銀行系のモビット、新生銀行系のノーローンなどのほかに、消費者金融系ならプロミスやアコム(共に筆頭株主は大手銀行ですが)などが知名度が高いです。「宣伝費かけちゃって、高いだろうな」と思うのは実は間違い。
こういう会社のウリはやはり薄利多売的に、利率が低く設定されていることでしょう。

 

 

 

返済するときは、元金に利息分を加えたものを支払うので、利息分の負担が少ないほどラクに返済できますし、結果的に延滞の危機も回避できるでしょう。

 

給料日の前って、友達にもお金が借りにくいですよね。そういう場合は小額を借りてすぐ返すようなキャッシングだったらもっと気軽に使っても良いような気がします。給料で一括返済しても惜しくない金額に抑えておくのがコツですね。それに一括なら金利が何パーセントであろうと、総返済額に対して響いてこないはずです。
ただ、一括で返せそうにないときは、利率の低い会社から借りるのが得策です。急いで借りたいときでも金利は総返済額に響くのですからチェックしておきましょう。
融資額によっては、支払額にだいぶ差が出てくるはずです。

 

 

 

無職だと、キャッシングで借り入れすることを尻込みしてしまいそうですが、ありのままを申告しても、借り入れできることがあります。

 

オークションを使った商売やアフィリエイトの収入も自営業になりますし、フリーターも経歴になりますので無職と書くこともありません。
今まで何件も借り入れしている人や、借り入れ金額の合計が基準を超えている人、在宅確認に応じなかった場合などは審査に通りませんので、自分の過去の実績を全て思い出してください。

 

日ごろから、もしもの事が起こった時のためのための貯金をしようと思いながら、中々お金を捻出出来ないまま、突然多額のお金が必要になった時に、どこからお金を持ってくればいいか悩みますが、そんな時は、キャッシングを選ぶのがスマートだと思います。

 

 

 

パソコンさえあれば、インターネットで簡単に手続きが出来ますのでお手軽で何と、すぐにお金を貸してくれると言うのですから、驚きですね。
ただし、お金のやり取りをする以上、何らかの審査が必要になってくることは当たり前のことですよね。

 

 

 

そこのところを理解していなければ、何社はしごしようとお金は貸してもらえません。
多重債務で手当たり次第借り回っているケースや延滞というのも問題になってくるので、とりあえずは多少の負債があったとしても毎月きちんと返せていればともかく、返せていないなどブラックリストに載っていたり、返済能力に問題ありと認められるような時には、お金を貸すことを検討してくれるかどうかは、考えなくてもわかる問題ですね。

 

近年、ローン会社のCMもよく見かけますが、それと連動するかのように、過払い金請求のCMもよく見かけるようになりました。

 

私だって以前はキャッシングをしていたことがありますが、完済して何年か経っていますから、法律事務所に依頼してまで請求するほどの額ではないでしょう。

 

 

ただ、過払い金というものがあるのかぐらいは関心がないというほうが嘘になります。それなら相談までは無料という法律事務所のほうが良いかもしれませんね。
主婦の皆さんがすぐお金を手に入れたい時は今日中にお金を貸してくれる消費者金融を探し、借り入れのための審査が間に合わないといった事態を防ぐために申し込みする時間を考えてください。

 

 

主婦がお金を借りるための通常の条件はパートなどによって、お金を定期的にもらっていることになります。

 

 

審査を短い時間で済ませるためにも申込書への記載は正確な内容でお願いします。

 

 

それに、夫が働いていれば、普通はお金が借りられます。これまで堅実に暮らしてきて、何の心配もしていませんでしたが、いつなんどき「すぐにお金を、それもそこそこの金額揃えなければならない」なんてことになったらと考えると怖くなります。
すぐにお金を借りられるのはどこかというと、誰でも1枚は持っているクレジット会社のカードだとか、窓口と違い人と接することなくお金が借りられる消費者金融の無人店舗もあって助かりますね。

 

 

 

気軽に利用できるのはもちろん、条件が良ければ5分ほどで借りることができる会社まであると言います。あまり考えたくはないでしょうが、急な金策に備えて下調べをしておくのもいいでしょう。

 

 

いくつかの会社のキャッシングを同時に利用するときはその金額については総量規制を受けるので、利用可能額が各社合計でどうなるかをよく確かめてから申請しなければなりません。こうした規制を消費者金融会社が設けている目的は、利用者があまりに多くの金額を返済能力をこえて借りすぎることを事前に防止するためで、規制の上限は個人の年収によって定められるので、自分のキャッシング利用額が今いくらなのか確認して判断する必要があるのです。

 

いまどきのカードローンは利便性が著しいです。

 

申込みひとつとっても、日進月歩で簡単かつ迅速になってきているように感じます。今では申込みから融資まで、書類提出を含めてぜんぶ、ウェブだけで済ますことができる革新的な『ウェブ完結』のサービスが出たので、ある程度の金額までなら本当に即日融資が受けられるのは常識になってきています。
提出する書類があれば、ファイルにしてサイトからアップロードしたり、メールに添付して送ります。

 

 

 

カードローンやキャッシングなどでは、延滞だけは避けるようにしなければいけません。

 

 

元金+利息分+遅延損害金を払う必要があるので負担が増えますし、延滞を繰り返すと金融機関のブラックリストに載ってしまうと今後の借り入れができなくなってしまうなどのデメリットがあります。

 

手軽に利用できるよう、金融機関は窓口(ATM)を増やして対応していますから、それらを使いこなして返済日に間に合うようにするのがスマートです。延滞の許容範囲はどのくらいかと考えるより、まず、延滞しないことを忘れないようにしましょう。

 

 

 

ときどきカードローンについて相談をいただくのですが、信用でお金を借りているにもかかわらず、「借金」イコール「良くない」みたいな考え方には問題があるように感じます。
無計画な「借金苦」と計画的な「借金」は同じものではないですよね。

 

 

働く女性の場合、周囲と同等レベルにする努力は大変です。
そのような状況で計算しても足りない部分を借金に頼るのであれば、むしろ自助努力の一環だと思うのです。借り入れを奨励しているわけではありませんし、収入に応じた冷静な判断が必要ですが、女性や弱者が利用しやすい雰囲気なり返済プランを業者が提示していくのも必要な気がします。

 

 

 

社会や家庭を下支えしている人たちに優しい環境作りが大切ですね。
ブラックリストに名前が載ってしまったあとでも、新たに借り入れできる金融業者があります。

 

もちろん、コマーシャルや電車広告を出しているような銀行はもちろん、大手消費者金融では申し込んでも断られてしまうので、結局は、中?小レベルの金融業者に融資の申込をします。
脅かすわけではありませんが、小さな会社は大々的な広告を出さず、会社名を広める気がないので、少しくらいの悪評は気にしない場合が多いです。大手でも審査が甘いほど高利になりがちですが、中小ならなおのこと当然ですね。カードローンを申し込む際には金利は無視できない存在でしょう。

 

 

しかしよほど極端に高額でない限り、業者間で金利に差はないため、結局決まらないで悩んでしまうのではないでしょうか。
それでもやはりトクしたいと言うのなら、ポイントを活用すると良いでしょう。

 

利用料に応じたポイントがもらえるので狙い目です。

 

 

ポイントがお金に換算できるところが嬉しいですね。

 

でも、お得感があるとはいえ、借金は返済するまで残るのですから、ある程度余裕を持った返済計画になるよう事前によく考えることが大事だと思います。

 

個人事業主になって数年が経ちました。安定した収入というよりは、良い時もあれば、悪い時もしばしばです。ディスプレイが壊れてしまい、今のままでは仕事にも差し支えるので、新しいディスプレイの購入を急きょ決め、選択肢としてキャッシングを考えています。ローン審査は初体験なので、いまいちよくわからないのですが、バイトや正社員といった肩書がなくても使えるのでしょうか。

 

毎月それなりの収入がある人でも、高額な出費があればキャッシングやカードローンを利用することも多少なりともあるでしょう。

 

そのとき、紹介されたからとか友達が利用していたからという理由で安易に個人を名乗る金融業者さんや無名の会社でお金を借りると、法外な金利や条件づけでヤバイ事態にはまりこむ可能性が、なきにしもあらずです。
借りる前に、相手の会社が信頼できるのかきちんと吟味し、銀行や名前の知れた金融業者で借りればトラブルも防げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ戻る